アトム薬局

地域の皆様の
健康実現に貢献します

アトム薬局

ブログ[BLOG]

2017年8月24日季節の養生

残暑を乗り切る

今年の夏は大気が不安定で急に激しい雨が降ったり異常な天気でしたね。

雨ばかり降り続くと気持ちも落ち込みます。

 

そんなとき、農産物直売所で大きくてきれいなレモンイエローの花を売っていました。

570dc1fb7fa7e6c68426a11c328f2996_s

花オクラ

と書いてあります。

普通のオクラの花よりもかなり大きいです。

 

明るい色の花をみていたら、テンションがあがり、食べ方はわからないけど、思わず購入しました。

調べてみると

花オクラオクラとは別の種類の様です。

オクラの原産地はアフリカ北東部で、日本には幕末に伝わったとされています。

一方、花オクラの原産地は中国で、別名トロロアオイといいます。

トロロアオイの花は、朝に咲くと夕方にはしぼんでしまう一日花です。そのため市場にはあまり出回らないということです。

根は、漢方の生薬に利用されたり、根から抽出される粘液を「ネリ」とよび

紙漉きの際に植物の繊維を均一に分散させるために利用されるそうです。

残念ながらオクラと違い実は食べられません。

 

花はそのまま、エディブルフラワー(食用花)として食べられるとあったので、ガクをはずしてはなびらをそのまま食べてみました。

 

オクラの実に似た粘り気があって少し甘味があります。

hanaokura6

hanaokura4

花びらを生ハムで巻いてみたり、てんぷらにして楽しみました。

 

 

花を焼酎につけたものを三重県の志摩地方では「へいさく」と呼び、かゆみ止め、やけど、切り傷などの塗り薬として、昔から家庭の常備薬としていたそうです。

先人たちは、植物をいろいろな形で利用してきたのですね。

 

そして、名前が似ているオクラの実は今の季節におすすめの食材の一つですa74eef63beffaabee329758a275a83b8_s

オクラの実のぬめりには、ペクチンなどの食物繊維とムチンが含まれています。ペクチンは整腸作用があり、便通をよくしてくれます。また消化吸収の速度を抑え、血糖値の上昇を穏やかにする作用があります。

ムチンは、タンパク質の消化吸収を助け、疲労を回復してくれるなどの効果があります。

他にも、カロチン、カルシウム、鉄などを含んでおり、栄養価の高い野菜です。

納豆や山芋、なめこ、モロヘイヤなどオクラと相性のいいネバネバ食材を、積極的にとり入れて、元気に残暑を乗り切りましょう。