アトム薬局

地域の皆様の
健康実現に貢献します

アトム薬局

ブログ[BLOG]

2017年9月15日お役立ち情報

不老長寿の果物

不老長寿の果物

イチジクって美味しいですよね?!

イチジクって漢字で無花果と書きますが、花が咲かないわけではなく、咲いた花が見えないという意味らしいです。イチジクの実の中のつぶつぶの正体が、お花なんですって!

「いちじく」という名前の由来は、毎日1つずつ熟すことから「一熟」→「いちじく」になったという説や、ひと月で実が熟すため「一熟」→「いちじく」という説もあります。

f95913fcdc37cd5f0fc72a1d2450904e_s

イチジクは、6~7月に収穫する夏果と、8~10月に収穫する秋果、6~10月に収穫する夏果秋果があります。ちょうど今は秋果の旬です。秋果のイチジクは、夏果のものより実が小さいなどの特徴がありますが、その分甘味がギュッと凝縮されています。

 

イチジクの栄養と効能 

イチジクは、身体の中心を温めるので、冷えが原因の腹痛や冷え性にも効果があります。喉や肺を潤す効果もあるので、喉が痛い時にも食べると良いようです。その他、比較的多く含まれるカリウムにより、血圧を下げる効果があるので、高血圧や動脈硬化などの予防になります。

また、切断部から出てくる白い液体はタンパク質分解酵素が含まれていて、ウオノメ・タコ・イボ取りの民間療法に使われています。(かぶれる方もいますので、ご注意ください)

 

 特に女性・・・

イチジクには、女性ホルモンのエストロゲンンと同じような構造を持つ「植物性エストロゲン」が種子に大量に含まれています。更年期障害や月経トラブルにイチジクが良いと言われているのは、そのためです。さらに豊富なビタミン・ミネラル類・鉄分が多いので美肌効果もあり、女性には特に嬉しい果物です。季節を問わず食べられるドライイチジクは、これらの含有量が増えますので、ヨーグルトに入れるなどして毎日食べたいですね。

e13fd2cccadf3918d1a6f7eba5dd32dc_s

 

私が毎年母に頂くイチジクは、夏果でした。雨に弱い果実なので、収穫時期になると毎日気にして収穫してくれます。頂いたイチジクは、冬も食べられるようにコンポートにします。もうすぐ「敬老の日」。日頃の感謝を込めて、「不老長寿の果実」と言われるイチジクを使ってケーキでも作り、(娘の)おじいちゃんやおばあちゃんに会いに行こうと思います。