アトム薬局

地域の皆様の
健康実現に貢献します

アトム薬局

ブログ[BLOG]

2017年9月22日お役立ち情報

覚えちゃおう!

朝夕も涼しくなり、秋を彩る花が咲いていますね。

秋にも七草があるってご存知でしたか?

「春の七草」は、1月7日に無病息災を祈り七草粥を食べるので、ご存知の方も多いと思います。

しかし、秋にも七草があるということを意外とご存じないようです。

 

秋の七草の由来

秋の七草は、奈良時代の山上憶良(やまのうえの おくら)が詠んだ歌が由来とされます。

「秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七種の花」

「萩の花 尾花(オバナ) 葛花 瞿麦(ナデシコ)の花 姫部志(オミナエシ) また藤袴 朝貌(キキョウ)の花」

憶良は1首目で秋に咲く草花を数えると七種類あるとし、2首目でその花の名前を挙げています。この2首が秋の七草の由来となっています。ここでの朝貌(アサガオ)は現代のキキョウをさしているとされています。

【1】萩(はぎ)

秋のお彼岸にお供えする「おはぎ」の名の由来にもなっています。
c806a8fcc80066cdda6fd12588798b81_s

【2】尾花(おばな)

尾花とは「すすき」の別名です。すすきの穂が動物の尾に似ていることから「尾花」、といいます。お月見にはかかせない飾りの1つです。
316c9caa9b5e319325c45da4daac640a_s

【3】葛(くず)

葛湯、葛切り、葛餅など親しみ深い植物です。漢方薬の葛根(かっこん)は根を乾燥させたものです。

4ff2d0391257560476af8b8a29be88c9_s

【4】撫子(なでしこ)

日本女性の清楚さを表現した「大和撫子」の「撫子」は、この花からきています。

59ee1365a56c6ab0ed96f1f726dcc6a8_s

【5】女郎花(おみなえし)

女郎花の名前の由来は、諸説ありますが、「美女を圧倒するような花の美しさ」という意味で「女(オミナ)圧し(ヘシ)」が変化したという説もあります

a16dc5ed0f3ce5898ae766a063b2bec3_s

【6】藤袴(ふじばかま)

藤袴は、乾燥させると桜餅のような良い香りがするため、貴族たちは葉をお湯にいれたり、衣服や髪にもつけていたといわれています。

環境省のレッドデータブックでは準絶滅危惧種に指定されていて、現在では野生の姿をほとんど見ることができません

41323ea9b9824dc777c26b8e22067509_s

【7】桔梗(ききょう)

桔梗は、武将の家紋に用いられ、中でも明智光秀の桔梗の家紋は有名です。桔梗の根を乾燥させ粉末にしたものは、痰や咳の薬として用いられています。フジバカマと同じくレッドデータブックで絶滅危惧種に指定されています。

b913294fb8d41757317f75bb4331f569_s

 

この機会に、秋の七草をおぼえてみませんか?

 

秋の七草の覚え方です。

語呂合わせで覚えましょう。

448988おすきなふくは?(お好きな服は?)」

(お=オミナエシ、す=ススキ、き=キキョウ、な=ナデシコ、ふ=フジバカマ、く=クズ、は=ハギ)

もう一つ

「ハスキーなおふくろ」Print

(は=ハギ、す=ススキ、き=キキョウ、― な=ナデシコ、お=オミナエシ、ふ=フジバカマ、く=クズ、ろ)

 

個人的には「ハスキーなおふくろ」が好きです。ろの字余りも面白いと思います。

ご自身の覚えやすいように覚えてみてくださいね。

 

「秋の七草」は「春の七草」のようにお粥にして食べることはなく、秋の風情を楽しむためのものです

今年は秋の野山を散策する機会がありましたら、『秋の七草』を思い出しながら、移り行く季節を感じてみませんか?