アトム薬局

地域の皆様の
健康実現に貢献します

アトム薬局

ブログ[BLOG]

2017年11月2日お役立ち情報

安全運転講習

10月24日、コンサルティング会社と保険会社に協力頂き、「安全運転講習」を行いました。最近、本社付近の交差点にて、たびたび事故が起こっていることもあり、皆真剣に聞いていました。

P1130097

事故を起こす原因や起こしてしまった場合、どうなるのか? など、実例をあげて分かりやすく説明して頂きました。

以下は、その一部をまとめたものです。

 

危険を予知する上で一番大切なことは「正しく見ること!」

自動車を運転しているときに得られる情報の約90%が視覚情報であるといわれています。運転中のドライバーが目を動かさずに見える範囲は、はっきりと物を捉えることのできる視角5度の「中心視」領域と、ぼんやり見ることができる35度の「周辺視」領域から構成されています。運転者は「周辺視」で路面や景色の「流れ」をとらえて走行状態を確認し、「中心視」で詳細な動きや物体をとらえているそうです。

視野角

 

従って、交通の場面の状況を正しく把握するためには、出来るだけ「中心視」で物をとらえるために、こまめに眼を動かして、広い範囲を視野に入れていかなければなりません。

とても大変な作業をして安全確認をしているのです。

 

事故の原因は・・・

こんなゲームもしました。

下の絵は、何に見えますか?

usagi-ahiru

 

注視する点によって、「ウサギ」に見える人もいれば、「アヒル」に見える人もいます。

次の絵は、何がみえますか?

1f080c41

 

「斜め後方を向いている若い婦人」か、「右を向いた老婆の横顔」です。

このように、注視する点により見え方(捉え方)が大きく変わってきます。道路状況も同じで、注視する点が変わると、道路状況も大きく変わってしまいます。ですから、相手の事を考えず、運転者の感覚だけで運転していると、事故が起きてしまうのです。

 

事故を起こすと

加害者も被害者も心身に大きなキズを負うとともに、運転者は信用もなくなります。

業務中であれば、会社の信用もなくなってしまいます。今まで積み上げてきた努力全てを失ってしまうのです。そして、その信用を回復するには、長い年月と努力が必要となります。そのようなことにならないためにも、

①心身共に健康で

②正しく見て、危険を予知し

③時間に余裕を持ち

④譲り合いながら

運転を心掛けたいと思います。

 

講習にご協力頂きました保険会社の方、コンサルティング会社の方、ありがとうございました。