アトム薬局

地域の皆様の
健康実現に貢献します

アトム薬局

ブログ[BLOG]

2018年11月2日お役立ち情報

インフルエンザワクチンはお早めに

秋が深まり日々冬に向かって季節は動いています。毎年年末から春先まで猛威をふるうのがインフルエンザです。インフルエンザは、ウイルスによっておこる感染症で、乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層の人が感染し発病します。軽症の場合は他の風邪と区別がつかないことがありますが、高齢者や乳幼児では肺炎等の合併症を伴い重症になることもあります。

 

インフルエンザワクチンはどんなもの?

インフルエンザに最も有効な予防手段はワクチンを接種することです。インフルエンザワクチンを注射すると体はインフルエンザに感染したと勘違いをして抗体を作り、抵抗力が増します。ワクチンを接種していても、インフルエンザに罹る場合もありますが、多くの場合症状は軽くなります。ワクチンには4種類のインフルエンザが選ばれています。よく「今年はワクチンが外れた」ということを聞きます。インフルエンザは抗原が変化しやすく、シーズンの初めと終わりでは違う種類のウイルスが流行ります。また全てのインフルエンザに対してワクチンが作れる訳ではありません。だからといって全ての人がワクチンを接種しなければ、その被害はもっと大きいでしょう。

 

ワクチンはいつ頃接種すればいいの?

流行が始まる前に接種を終えるようにしましょう。11月中には接種を終えてインフルエンザウイルスに対する十分な抵抗力をつけておくことが望まれます。家族内感染を防ぐために家族全員で接種しましょう。高齢者には自治体によって助成制度がありますので活用してください。

 

インフルエンザが流行してきた時の予防法は?

人込みへの外出を控えましょう

外出時にはマスクを使用しましょう

室内では加湿器などを使用して適度な湿度(50~60%)を保ちましょう

十分な休養・睡眠、バランスの良い食事をとりましょう

帰宅後や食前にうがい、手洗いをしましょう。

 

インフルエンザワクチンの製造には限りがあり、不足することもあります。寒くなったらワクチンを接種しようと思っている方がおられますが、その頃には不足のため接種できないことがあります。ワクチンは11月がベストシーズンです。お早めに医療機関へ予約して接種しましょう。