アトム薬局

地域の皆様の
健康実現に貢献します

アトム薬局

ブログ[BLOG]

2019年1月25日お役立ち情報

減塩のすすめ

暦の上では二十四節気の「大寒」を迎え、1年の中で寒さが最も厳しい季節となりました。

この時期は、温かい鍋やおでん、味噌汁やスープなどを食べる機会が多くなりがちですが、これらの料理には、しょうゆや味噌・コンソメ等、塩分を多く含む調味料が入っています。

 

塩分を取りすぎてしまうと…

→血液中の塩分を薄めるため血液中の水分が増え、脳血管障害の原因となる高血圧を招く

→腎臓の血管を傷め、腎機能を悪化させる

 

食塩摂取量の目標量は、1日8g未満

 

平成28年国民健康栄養調査によると、日本人の食塩摂取量の平均値は9.9gです。

昔より減少してきているものの、健康日本21(第二次)で目標とされている平均8gには到達していない状況です。

減塩を実践するためのポイント

●食事の食べ方を見直す

味噌汁1杯の塩分は約1gですが、味噌汁を飲む量や回数を減らしたり、野菜等をたっぷり入れて汁の割合を減らしたりすることで、手軽に塩分をカットできます。

また、煮物やスープの具材であるかまぼこ・ちくわ・ウインナー等の加工食品には、塩分が多く含まれます。他にも、飲食店の料理やコンビニのお弁当などは濃く味付けされている物が多いため、加工食品や外食を食べ過ぎないように、普段から意識するようにしましょう。

 

●調味料の使い方を見直す

塩分控えめの調味料やだしを上手に利用すると、少ない塩分でも美味しく調理できます。

お酢の酸味・スパイスの辛味などを使うことで、味のアクセントをつけるのもおすすめです。

調味料をたくさん出し過ぎないよう、容器の口が細い商品を選ぶ事も減塩に繋がります。

しょうゆやソースで個々に味付けする際には、「かけずに つける」ことを心がけましょう。

 

減塩のコツを覚えて、無理なく食塩摂取量を減らしていきましょう。