アトム薬局

地域の皆様の
健康実現に貢献します

アトム薬局

ブログ[BLOG]

2019年3月1日お役立ち情報

美点凝視

「美点凝視」と書かれた紙が、加納岩店の私が座る机の前に貼られています。その人の良い所を見て育てましょうという意味です。加納岩店がオープンしてしばらく経ったころ、社長が貼って下さいました。1日に何度となく目にして、私の心に留まっている言葉です。

 

先日この言葉が見事に実行された例に出会いました。うららかな日曜日の午後、甲府の県立文化ホールで辻井伸行のコンサートに出かけてきました。ご存知のように辻井さんは全盲のピアニストです。鍵盤がみえているかのように多才なテクニックを使いなめらかに演奏する姿にも感激しましたが、それ以上にこの才能に気付き伸ばそうとされたご両親に深い感動を覚えました。ことに母親のいつ子さんの子育ては素晴らしく、絶望の中にありながら8ヶ月でブーニンの弾く音に強く反応する我が子に「この子はもしかしたら耳が良いのではないかしら」と気付き、2才3ヶ月でジングルベルをおもちゃのピアノで弾いたとき「この子にピアノをやらせたら良いのかもしれない」と思い実行に移したとのこと。

「お母さん、今日の風は、何色?」と聞かれた時、「風に色なんかないし、あったとしても我が子には見えない」と嘆くのではなく、その感性を喜び、すてきな言葉として記憶されたエピソードなどはまさしく美点凝視です。