アトム薬局

地域の皆様の
健康実現に貢献します

アトム薬局

ブログ[BLOG]

2019年3月8日お役立ち情報

春から貯筋(ちょきん)を

例年に比べ暖かかったこの冬。

家の周りに目をやれば梅の花が咲き誇り、春の訪れを告げてくれています。

少しずつ穏やかになっていく気候に、上着が1枚、また1枚と少なくなり、何となく体が軽くなったような…

とはいえ ‘三寒四温’ ‘花冷え’などの言葉もあるように、気温の変化が激しいのもこの季節特有のもの。再び体を小さく縮こませる…なんて日もまだまだあります。

どうぞ体調崩されませんように。

 

そんな春先は、冬の間の運動不足から筋肉が減少していることが多いとのこと。

思い当たる節があり気にかけていたところ、朝の情報番組で筋肉貯金=「貯筋(ちょきん)」というフレーズに出合いました。

加齢とともに衰えてしまう筋肉。筋肉量の低下はいつもの生活の何気ない動きに支障をきたしてしまうそうです。例えば、つまずきやすくなる、階段の上り下り・歩くのがつらくなるなど。そして、そのまま放置すればやがては寝たきりへとつながりかねないというのです。

自分にとっても家族にとっても、それは大変! そうならないために、筋肉量を増やす貯金ならぬ貯筋をするのが大切なんですね。

幸い貯筋は何歳からでもできるとのこと。いつまでも自分の体を自分で支えることができるように、挑戦してみようと思います。ご一緒にいかがですか?

 

まずは今の筋肉量はどれくらいか知るところから。

イスに座り胸の前で両腕をクロスさせ、反動をつけずに片足で立ち上がることができるかどうかを目安にします

 

★次はどうやって筋肉量を増やすのか

全身の筋肉量の70%が集まっている下半身を鍛えましょう。

それには下半身全般を鍛えられるスクワットがおすすめです。

★スクワットのやり方

色んな種類がありますが、今回は足腰膝に負担がかかりにくい、椅子から立ち上がるスクワットを紹介します。椅子から立ち上がる・座るといった動作をゆっくりと意識して行います。

 ① 胸の前で両腕をクロスさせ、椅子に座った状態から始めます

 

 ② かかとに力を入れてゆっくり立ち上がります

 

 ③ ゆっくり元に戻るように座ります

④ 15回ほど繰り返します

 

 

日々続けていくことが大切なので、気負わず気長に楽しみながら貯筋を増やして行きましょう。

本格的な春ももうすぐです!!