アトム薬局

地域の皆様の
健康実現に貢献します

アトム薬局

ブログ[BLOG]

2020年2月21日お役立ち情報

手作りアルコール消毒液

冬は様々な感染症が流行しますよね。

コロナウィルスの影響で、店頭で品薄になっているアルコール消毒液。

自宅でも無水エタノールと精製水があれば簡単に作ることができます。

無水エタノールは500mlのものが1000円前後で、

精製水は、500mlのものが100円程で販売されています。

どちらもお近くの薬局で購入できる商品です。

(現状は品薄状態のようなので、確認が必要かもしれません)

作り方の過程はとても簡単です。

<アルコール消毒液の作り方>

無水エタノールと精製水を7:3の割合に混ぜる。

これだけで70%濃度のアルコール消毒液ができるのです。

エタノールは、濃度が高ければ高いほど

蒸発しやすいと言われています。
インフルエンザなどの菌に対して効果を発揮する前に

蒸発してしまっては意味がありません。
そのため、水を加えて70%にすることで

効き目と揮発性を安定させることがポイントになります。

一般的な手作りアルコール消毒液はこれで完成です。

しかしここまでの手作りアルコール消毒液には、

市販のものと違う点がひとつあります。

それは保湿成分が入っているか、入っていないかです。

そのため、手が荒れやすい方は、使用頻度にもよりますが

手作り消毒液を使う場合はいつも以上に保湿を心がける必要があります。

 

自家製のアルコール消毒液を作る上で気をつけなければならない点

◆エタノールと水の割合は7:3にして、殺菌予防効果と揮発性を安定させる。

◆使用時に保湿を心掛ける

コロナウィルスの感染拡大、早く終息することを願うばかりです。

感染しないように、各個人で気を付けていきましょう。